★最安値公式サイトはこちら!★


最近酵素ブームですが、このブームの先駆者的存在なのがベルタ酵素。

5年以上売り上げを伸ばし続けています。

最近「酵素ダイエット」がインターネット、雑誌、テレビ等のメディアで頻繁に取り上げられています。

芸能人やモデルも酵素ダイエットで美をキープしている人は多いようです。

ベルタ酵素を使い続けている人にとっては、今さら…と感じるかもしれませんね。

ベルタで綺麗に痩せられた!という口コミは、今のブームよりも随分前から存在していましたからね。

ただ、口コミだけではわかりにくい部分があります。

原材料は安全なのか。

信頼できる方法で作られているか。

副作用が報告されていないか。

こういった安全性の問題は口コミだけではなかなか真実がわかりません。

今回はベルタ酵素は本当に安全なのか、健康被害が出ていないかについて調べてみました。

ベルタ酵素の真実に迫ってみましょう。

 

ベルタ酵素に副作用はある?

結論から言ってしまいますと、ベルタ酵素に副作用はありません。

ベルタ酵素はそもそも医薬品ではありません。

ベルタ酵素は「健康の保持増進に役立つもの」とカテゴライズされている健康食品のため、副作用というものがないのです。

ベルタの公式ホームページにも説明がありましたので、ぜひそちらも参照してください。

副作用の心配がないというのは、ひとまず安心ですよね。

 

ベルタ酵素の成分は大丈夫?

副作用がないとは言っても、気になるのは成分ですよね。

成分の中でも添加物が入っているのかどうか心配になりますね。

それではまずは添加物について確認してみましょう。

成分表から添加物をピックアップしてみました。

「ユッカ抽出物」と「増粘剤」が添加物に当たります。

ユッカ抽出物とは、食品の日持ちを良くするために使用されるものです。

増粘剤とは、液体の粘度を高めるために使用されるものです。

添加物が入っていて残念だと思っていたのですが、実は添加物は体に悪影響を及ぼすものばかりではないということを知りました。

この添加物は2つとも、天然調味料などを利用しています。

しかも量も少量で、国が定めた基準値内の量です。

また、保存料といっても、粉ミルクに使用されているものと一緒とのことでした。

粉ミルクといえば赤ちゃんが口にするために安全性の追求が行われているはずです。

それと同じということは問題ないということですね。

添加物全てに目くじらを立てる必要はなさそうです。

 

ベルタ酵素に添加物や保存料が入っている理由は?

ただ、ここではっきりさせておきましょう。

なぜベルタ酵素に添加物や保存料を使用していのでしょうか。

一番大きな理由は、飲みやすくするためです。

酵素ドリンクに飲みにくいものが多いわけ、それは原材料が多種類にわたってしまうから。

素材の味だけですと、美味しいどころか飲みにくいと思ってしまうレベルです。

そうなるといかに「栄養があるし痩せられるから飲んだ方がいいよ!」と言われても、飲む気にならないし、絶対続かないですよね。

そうならないためにベルタ酵素には味を整えるための香料や、とろみを付ける成分が添加物として加えられています。

なので、ピーチ味の美味しいドリンクに仕上がっています。

この美味しさは、アンケート調査に裏付けられています。

美味しいかどうかのアンケートでは、「美味しくない」と答えた人はなんとゼロ。

男性でも飲みやすいという声が多いとのことなので、お陰で続けやすいんですね。

そして、保存料を使用している理由としては安全性を重視しているからです。

無添加であるとどうしても日持ちしないですよね。

開封したらすぐに飲んでしまわなければいけません。

でもなかなかそういう訳にもいかないので、本来であればすぐに飲み切らなければいけないのに、いつまでも開封した状態で保存してしまいます。

そうなると劣化して危険ですよね。

あえて保存料を配合して、安全に飲めるようにしているということなんですね。

そのおかげで、自分のペースで飲み切ることができるというメリットもあります。

必要最低限の添加物は仕方ないどころか必要なものなのですね。

 

ベルタ酵素でアレルギーや副作用がでてしまうのが心配…

ベルタ酵素はあくまでも健康補助食品です。

ということは薬ではないので、副作用が起きるということはありません。

そして、原材料自体も国内で仕入れているものを使用、製造も国内工場というこだわりようです。

品質管理を徹底しているのがよくわかりますよね。

それでもどうしても避けられない問題があります。

それは食物アレルギーです。

人によって合う合わないはどうしても出てきてしまいますよね。

もともと食物アレルギーがある方には、まずは原材料をチェックしてもらいたいと思います。

具体的にどんな成分や原材料が含まれているのか確認してみましょう。

 

気になる食材や成分をチェックしてみました

酵素

ベルタ酵素に含まれている酵素の数ですが、ドリンクで165種類、サプリでは620種類!

業界でも最大級の酵素数だというのですからやっぱりすごいですね。

酵素がどうしてダイエットにいいのかというと、人間の代謝機能にかかわっているところに理由があります。

体内に充分取り込むと体脂肪を貯めにくい身体に変えてくれます。

さらには今ある体脂肪を燃やしやすい状態にしてくれます。

そして、新陳代謝が促され、アンチエイジング効果が得らえる…と、代謝に深くかかわっているおかげで、こんなにメリットがあるんですね。

ただし、摂取量をきちんと守る必要はあります。

いくら体にいいとわかっていても。摂取しすぎることで、下痢や胃痛を引き起こすことがあります。

これは酵素に限った話ではないですね。

どんなに体にいいものでも、たくさん飲んだ分効果が跳ね上がるというわけではないので、決められた量を、聞けられた飲み方で飲みましょう。

 

ヒアルロン酸

化粧品に欠かせない存在のヒアルロン酸。

保湿効果の高さや加水効果が体内でも力を発揮してくれます。

もともとは充分に体内に存在しているはずのものですが、悲しいことに加齢でどんどん減ってしまうのです。

それを化粧品やサプリメントで補っていくわけなのですが、これまでヒアルロン酸サプリメントに副作用やアレルギーが起きたということはほぼないようです。

それでも、過剰に摂りすぎてしまい、それをずっと続けてしまうと、肝臓や腎臓に負担をかけてしまいます。

ヒアルロン酸入りサプリメントを複数種類飲んでいるのであれば、念のため気を付けておいた方がよさそうです。

 

プラセンタ

プラセンタも人気の成分ですよね。

ただ、プラセンタを摂取し始めた時には好転反応が起きることがあるようです。

好転反応とは体の機能がよくなっていく過程で反応が起きてしまうことです。

具体的には生理周期が早まってしまったり、出血の量が増えてしまったりということが起こるかもしれません。

他にも便がゆるくなるということも起こりがちのようです。

もともとの体質によって、アレルギー症状も起こりやすい成分のようで、アレルギー性皮膚炎を引き起こしたという事例もあるようです。

これは個人差が大きい問題ではありますので、不安であれば医師に相談してください。

 

ザクロ

古来より美と健康に役立ってきたザクロ。

女性ホルモンに良い影響を与えることはよく知られていますが、それでも気を付けてもらいたいことがあります。

それはカリウムとタンニンが含まれていることです。

体質によってではありますが、タンニンが腸の粘膜を刺激し、便秘を誘発、促進させてしまう可能性は否めません。

またカリウムについては、腎障害の方には特に気を付けてほしいものになります。

カリウムの摂取量のコントロールが必要だと診断されている方は、かかりつけ医に必ず相談してください。

ベルタのサポートセンターに問い合わせてもいいと思います。

 

ここまでは気を付けてもらいたい主な成分について解説してきましたが、ベルタ酵素ドリンクとサプリメントの原材料リストも確認してみてくださいね。

 

ベルタ酵素ドリンクの原材料
プラセンタ、ヒアルロン酸、ザクロ、 キダチアロエ、ドクダミ、ハチミツ、高麗人参、ウメ、アマチャズル、アマドコロ、オオバコ、オトギリソウ、カンゾウ、クマザサ、タンポポの根、ツユクサ、ツルナ、トチュウ葉、ハト麦、ハブ草、マツ葉、ヤマイモ、レイシ、アカメガシワ、タマネギ外皮、サラシア、イチジクの葉、イチョウ葉、エゾウコギ、カキの葉、カミツレ、カリン、キキョウ根、キンカン、クコの実、クコ葉、クワ葉、シソ葉、ショウガ、エビス草、エンメイソウ、センシンレン、スギナ、セッコツボク、トウガラシ、ナツメ、ニンドウ、ビワ葉、ベニバナ、ミカンの皮、メグスリの木、モモの葉、モロヘイヤ、ラカンカ、レンセンソウ、田七人参、アンズ、イチジク、グレープフルーツ、パイナップル、ブドウ、ミカン、メロン、リンゴ、レモン、コンブ、シイタケ、フノリ、キャベツ、ゴボウ、タマネギ、ニンジン、ニンニク、パセリ、モヤシ、ラッキョウ、アムラの実、イチイの実、イボナシツヅラフジ、ツボクサ、トゥシー、キャッツクロー、ハッショウマメ、ムイラプアマ(地上部)、ルイボス、紅参、ウコン、ナンテンの葉、昆布、わかめ、のり、ローズマリー、カツアバ、カルケージャ、紫イペ、スギナ、シャペウ・デ・コウロ、パタ・デ・ヴァカ、パフィア、レモングラス、アニス、マテ、ステビア、ガラナ、パッションフラワー、ぺトラ・ウメ・カー、キャッツクロー、シナモン、ショウガ、ハトムギ、ヤーコン(葉)、アマチャズル、グローブ、ガジュツ、マカ、レンコン、ごぼう、玄米、オートミール、とうもろこし、大麦、えんどう豆、小豆、ジャロ・フェイジョン豆、紫フェイジョン豆、胡麻、ミレット、大豆、丸小麦、ライ麦、黒フェイジョン豆、エジプト豆、レンズ豆、オレンジ、パイナップル、バナナ、リンゴ、パパイア、グァバ、アボガド、ドライプルーン、アセロラ、レモン、レーズン、マンゴー、スターフルーツ、スイカ、カシューナッツ、パラナッツ、クビュー、キウイフルーツ、洋なし、クプアス、アサイー、アラサボイ、ジェニパブ、グラビオーラ、タペレバ、カムカム、じゃがいも、カボチャ、キャッサバ、トマト、コウベマンテイガ、ピーマン、赤カブ、ヤーコン、アボボラ、 果糖ブドウ糖液糖、イソマルトオリゴ糖、水溶性食物繊維、植物発酵抽出物、エリスリトール、リンゴ果汁、クエン酸、増粘剤(ペクチン:リンゴ由来)、ユッカ抽出物、香料、保存料(安息香酸Na、パラオキシ安息香酸ブチル)

※原材料の一部にヤマイモ・リンゴを含みます

ベルタ酵素サプリの原材料
ゼラチン、植物発酵生成物、水溶性食物繊維、ザクロエキスパウダー、馬プラセンタエキス、乳酸菌末(殺菌)、キヌアスプラウトパウダー、野草醗酵エキス末、植物発酵エキス末、植物発酵食品、野草醗酵エキス末、植物発酵エキス末、有胞子性乳酸菌、結晶セルロース、硫酸マグネシウム、トレハロース、ステアリン酸Ca、ヒアルロン酸、微粒二酸化ケイ素、二酸化チタン、クチナシ赤色素、[原材料の一部にゼラチン、大豆、リンゴ、キウイフルーツ、バナナ、モモ、オレンジ、ゴマ、カシューナッツ、山芋、乳を含む

 

ベルタ酵素を飲むのを控えたほうがよいとされる人

残念ですが、ベルタ酵素を飲まない方がいいと判断される方について列挙しておきます。

まずは、先ほどの原材料リストを確認していただき、その中に自身のアレルギーに該当するものが入っていた方は飲むのを控えてください。

これは、ベルタ酵素サプリの乳酸菌も含めて判断してください。

また、薬を服用している方も飲み合わせの問題がありますので、避けた方がよいでしょう。

そしてカリウムが含まれていることから、腎障害によりカリウム摂取を制限されている方も控えておきましょう。

アトピー性皮膚炎で悩んでいる方も念のため避けておいた方が無難です。

最後に、現在妊娠中・授乳中の方で、医師から食事や栄養の摂取量に関して指示を受けているようであれば、この場合も見合わせてくださいね。

 

実際にサポートセンター(フリーダイヤル:0120-613-614)に問い合わせてみました。

ベルタはお客様サポートが充実していることも評判の会社です。

ここで、実際にサポートセンターに電話をして、ベルタ酵素の効果やアレルギー・副作用の危険性について直接聞いてみました。

もしアレルギーが出た場合、返金に応じてくれるのかも聞いてみましたよ。

 

Q1.原材料の成分による副作用はないのでしょうか?

A:ベルタ酵素ドリンクもベルタ酵素サプリもどちらも健康食品です。副作用の心配はございません。

 

Q2.原材料の中にいくつかアレルギーがある場合は、飲まないほうが良いのでしょうか?

A:個々人のアレルギーの程度にかかわってきますが、もし原材料にアレルギーに該当するものが含まれているのであれば、ご使用を控えていただいた方がよいかと存じます。

また、かかりつけのお医者様に相談していただいた方がよいかと思います。

ただ、愛用されている方から、該当する食品は入っているけれども、症状が出なかったとお声を頂戴しました。

ごく軽度なので継続して使っている方もいらっしゃるので個人差があるのだとは思います。

もう一つ心に留めていただきたいことは、工場の生産工程でどうしても他の商品の原材料の成分が入る可能性があるということです。

ご心配でしたら、一度お問合せいただくことをお勧めいたします。

 

Q3.これまで、ベルタ酵素を飲んで副作用やアレルギー反応が出たという事例はありますか?

A: 体質や体調にもよりますが酵素が原因でお腹が緩くなるという場合はあるようです。

また、ベルタ酵素サプリに入っている乳酸菌は乳成分由来であるため、牛乳(カゼイン)アレルギーをお持ちであれば、かかりつけのお医者様にご相談ください。

 

Q5.子供や幼児でも飲んで大丈夫でしょうか?

A: 健康食品ですのでお子様がお飲みいただくことに問題はございません。

ただし、お身体が小さいので、お腹が緩くなるといった反応はでやすいようです。

ジュース代わりに飲んでしまうのももったいないかと存じますので、まずは食生活の改善を中心におこなっていただいて、ベルタ酵素はあくまでも補助的な役割でご使用いただいた方がよいかと思います。

 

Q6.妊娠中や授乳中のかたでも飲んで大丈夫でしょうか?

A:はい、問題ございません。

栄養バランスの調整が必要だとお医者様から言われている方であれば念のためご相談された方がよいかとは思います。

ただ、多くの方から産後太りが解消したお声を頂いており、体重コントロールのお役に立てているようです。

 

Q7.薬との併用は可能でしょうか?

A: 基本的には問題ございません。

ただ、全てのお薬に問題ないとは言い切れず、種類や症状の具合によって効果に影響を与えてしいまう可能性もございます。

かかりつけのお医者様にご相談頂いた方がよろしいかと思います。

 

Q8.食品添加物はないのですか?

A: 食品添加物と呼ばれるものは、ユッカ抽出物、増粘剤を配合しております。

ただ、両社とも天然のものを使用しておりますのでご安心くださいませ。

 

Q9.原材料の原産国はどこでしょうか?

A: 主要な原材料はほぼすべてを日本国内で生産しております。

製造工程に関しましても国内で行っております。

 

Q10.返金保証は飲んでしまったものは対象外なのでしょうか?

A: ご期待に沿えず、まことに申し訳ございません。

ベルタ酵素は返金保証をおこなっておりません。

未開封・未使用の商品につきましてはお届けから3日以内にE-mailもしくはお電話にてご連絡を頂けますと、返品の受付をいたします。

また、ご返品やご解約の後でも、ダイエットや美容、健康管理のお悩みなどお気軽にベルタのお客様サポートチームにご相談くださいませ。

ささいなことでもお気軽にお問合せいただけましたら、ご購入に関係なくご対応させていただきますので、いつでもご連絡、お待ちしております。

 

まとめ

ベルタ酵素は酵素ドリンクの先駆け的存在として、多くの人のダイエットのサポートに役立ってきました。

添加物は「ユッカ抽出物」と「増粘剤」が入っていますが、どちらも天然由来のものであり、保存料に至っては粉ミルクと同じものを使用しているため、安全性が高いと言えます。

そして、より高い品質を保つために、この添加物を加えているのです。

原材料もほぼ国産のものを使用しており、製造も日本国内の工場で行っています。

品質管理が徹底しているので安心できますね。

ただし、食物アレルギーの方は、使用されている酵素が多い分、注意が必要です。

全成分を必ず確認してから、飲んでよいかご判断ください。

また、現在別の薬を服用中の方や、カリウム摂取を制限されている方、アトピー性皮膚炎の方はご使用を見合わせてください。

妊娠中・授乳中の方も基本的には問題ないですが、医師から栄養指導が必要だと診断されている方は控えてください。

ただし、ベルタ酵素はあくまでも栄養補助食品です。

酵素を摂取しすぎてお腹が緩くなるということはあるようですが、それでも副作用が起きるものではありません。

決められている用法用量は守っていただきたいですが、基本的には安心してもらって大丈夫だと思います。

ベルタは顧客サポートの充実にも力を入れており、サポートダイアルでは商品について気になることは何でも親切丁寧に教えてくれます。

それも安心材料の一つですね。

商品以外のことでも、ダイエットの悩みや美容法などの相談にも乗ってもらえますので、気軽にサポートダイアルも活用してもらいたいです。

5年以上売り上げを伸ばしているベルタ酵素のすごさを、あなたもぜひ実感してみてくださいね!



★最安値公式サイトはこちら!★